ファッションや芸術など、日常のことや人との出会いを通じ生み出された樹瑠の創作詩やイラストレーションを公開しています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央線には、人情がある。。
地元で、よくやること。

東京方面へ行く、電車を見送りながら線路の先と空をひたすらに眺める。
所要時間表を眺めて、電車からの風景を思い出す。
線路に座って、ひたすらに遠くを見続ける。

すごい暇人だ。。

気になる、映画があるんですよ。
今回、舞台となった土地をEGPPのテーマにしようとは。

オープンマイク・イベント/TOKYO POETRY RENAISSANCE
E.G.P.P.Nova!/Step131
テーマ:無頼派阿佐ヶ谷気分~70年代と言う空気
2012年6月13日(水)開場19:00/開始20:00
参加費:1,000円(1Drinkつき)
MC:フーゲツのJUN、梓ゆい
(出演予定者)フーゲツのJUN(ポエッツ)、梓ゆい(ポエッツ)、bambi(スピリチャルトーク)、藤木吾呂(お笑い)、ココナツ(うた)、よねやま・たかこフラワー(うた)ほか……エントリーしてくれたあなた!

会場:ライブ・バー水族館(新宿区百人町1-10-7 一番街ビルB1)
問:03-3362-3777(水族館)→http://naks.biz/suizokukan/
主催:電脳・風月堂→http://www1.ocn.ne.jp/~ungura/

 70年代なかば、政治の季節、革命の熱気が去ってゆくとともに当時の若者たちはそれまでのアングラカルチャー、カウンターカルチャーの中心だった新宿から潮が引くように、近辺の個性的な街へ移動していった。中央線で言えば、高円寺、阿佐ヶ谷、吉祥寺、西荻、国分寺や私鉄で行けた下北沢などへ!
 そしてそこにロック喫茶や食べ物屋や八百屋を作ったり、生協活動や自らの手で食糧を得るために百姓に身を投じたりした。レコードショップや古着屋、リサイクルショップという生き方もあった。
 政治の季節で挫折をかかえた若者もいたろうが、なにより多かったのは「もうひとつの生き方」、あらたな世界を自分たちの手で作り出し、自然と共生するエコロジカルな生き方を求め、それが世界を政治的変革とは違う意味で、変革する身の丈にあった方法だと気付いたことだった(エコロジーという言葉も概念もまだ一般的ではなかった頃だ)。
 当時、大気汚染や水俣病をはじめとする公害があからさまになって世相はまるで末世のように暗かった(東京駅そばのチッソ本社前の座り込みには「怨」と書かれたムシロ旗が並んだ)。富国強兵に根を持つ産業世界がそれまで見て見ぬ振りをして、生産工場や地域・地方に押し付けたその長い重いツケが業病のような姿をして直接住民に健康被害をもたらした。
 時代は総じて、人間がその経済活動の中で破壊してきた人間自身や、自然、環境を見直し、それらを回復癒してゆく時代に入っていたかのように今日からは見える。
 フーゲツのJUNさんの言葉より。

あ、阿佐ヶ谷は立ち寄りますよ。
ラピュタ阿佐ヶ谷と、ホープ軒のために。
しかし、近くて遠い馴染みのない街でしょうか。。
今回、イベントを通じて阿佐ヶ谷を知りますか。。70030698_169.jpg


 一般オープン・マイクにエントリーなさる方には、このテーマ設定にしたがう必要はありません、御自分の表現.テーマで挑戦してください。
 ✻ポエトリー、うた、バンド問わずフリーエントリーが可能です!
 事前エントリー専用BBS(TOKYO POETRY RENAISSANCE/EGPP100 BBS)にエントリー表明を書き込んでください!→http://8512.teacup.com/5lines/bbs

<イラスト>安部慎一『美代子阿佐ヶ谷気分』(ワイズ出版)より

スポンサーサイト

未知なる物は、テーマを越えた。
タイタニックには、高価な物は実は乗っていなかった。
先月、JUNさんがこのようにおっしゃっていた。。
そうか!ある意味運がよかったんだ!!銀行に預けてキャッシュカードにしておけば!!
よし、海外に行くときは必ずそうしよう。。
身を守ることが一番です。

さて、今回のテーマはこちらです。
タイタニックの積荷で一番高価だったもの??
ひとつ、お伝えしなくてはなりません。
今回も、私は存在を知りませんでした。話を聞くまでは。。
日々これ勉強です。
69411154_170.jpg



●オープンマイク・イベント/TOKYO POETRY RENAISSANCE
E.G.P.P.Nova!/Step130
テーマ:ルバイヤート~四行無常歌
2012年5月9日(水)開場19:00/開始20:00
参加費:1,000円(1Drinkつき)
MC:フーゲツのJUN、梓ゆい
(出演予定者)フーゲツのJUN(ポエッツ)、松岡宮(ポエッツ)、梓ゆい(ポエッツ)、bambi(スピリチャルトーク)、藤木吾呂(お笑い)、ココナツ(うた)、よねやま・たかこフラワー(うた)ほか……エントリーしてくれたあなた!

会場:ライブ・バー水族館(新宿区百人町1-10-7 一番街ビルB1)
問:03-3362-3777(水族館)
→http://naks.biz/suizokukan/
主催:電脳・風月堂→http://www1.ocn.ne.jp/~ungura/

 先月テーマに取り上げたタイタニック号にはその巨大な船体とともに深海に沈めた金銀財宝と言う噂がある。大西洋上の公海の下にあるタイタニックは、そのようなトレジャーハンターから守るために先月ユネスコの海底遺産に指定された。金銀財宝の噂はほとんどデマらしいが、少なくとも革表紙で装丁してそこに宝石を埋め込んだある貴重な書物をタイタニックが積んでいたことは事実らしい。
 その書物こそが、オマル・ハイヤームと言うペルシャ(現イラン)の学者詩人がセルジューク朝のおそらく80歳を越える生涯に残した詩集で、ルバーイとは独立した四行の詩の形式を指すが、ペルシャ文学一般ではオマル・ハイヤームのその詩集を『ルバイヤート(四行詩集)』と呼ぶ。
 そもそもこの詩集が西洋世界にどうして広まったかと言う前史があり、そこに大きく二種の『ルバイヤート』が存在する理由がある。
 本国でもほとんど忘れられていた『ルバイヤート』を英語に訳したのが19世紀の英詩人エドワード・フィッツジェラルドで当初はわずか250部の自費出版だった(1859年)。とはいえ、それはほぼ超訳とも言うべき「なんちゃって翻訳」だったが、これを偶然古書店で見つけたラファエル前派の詩人ロセッティが賛美し一躍注視されることとなった。言ってみるとラファエル前派の東洋趣味に合致した官能性と神秘性をたたえたものだったのだろう。
 日本語での『ルバイヤート』の受容の歴史は1908年(明治41年)蒲原有明がフィッツジェラルドの『ルバイヤート』から6篇の詩を美麗なる文語訳として『有明集』に収録したものから始まる。
 以来、フィッツジェルラルド英語訳に依拠したものと、ペルシャ語で伝わっている『ルバイヤート』の原典訳のおおまかに二種類が、それぞれ文語訳と、口語訳の二種にわかれて今日存在する。
 また、『千夜一夜物語』とバートン版翻訳者の大場氏との関係――軍部による支配、抑圧の暗い時代に渇望をもってめくるめくアラビアン・ナイトの世界に救われたのとよく似た体験を持つ陳舜臣氏による翻訳と言う側面にも注目したい。生きがたい(生きにくい)時代に生の充溢を感じることが出来たことの貴重さは、想像に余りある。

 ペルシャ語原典訳から窺われるのは、虚無的なまでのオマル・ハイヤームの無常観である。フィッツジェラルド由来の官能性はそこではひかえめになっているように思える。それでも、今日のイスラム社会とは違う文化がそこには流れているらしいことに気付く。
 『ルバイヤート』で称えられる<神>や<酒>や、<酒姫(サーキィ)>はスーフィ的な存在であるようである。端的に触れておくとどうやら拝火教的な世界観がありそうである。ルバーイとは四行、その集積作品「四行詩集」は、その実、無常観をたたえながらも<人生讃歌>、いまを楽しめ!いまを生きろ!とのメッセージを発している。
 と言うのも、どうやらルバーイ(四行詩)というその形式がそもそもは、アラブ飲酒詩の伝統の中にあることと民衆の俗謡として、それこそサズやウードなどの三弦楽器とともに口ずさまれた歌だったのではないかということがある。
 それは私たちのアラブ社会へのイメージを一変させる。

 さながら、「ルバーイ」そして「ルバイヤート」とはロックなのである!

 (最近ではちくま書房刊のアンソロジー「ちくま哲学の森/自然と人生」の巻頭に小川亮作訳の「ルバイヤート」四編が掲載された。なお、この小川訳の岩波文庫版は「青空文庫」からダウンロードできる。)

 一般オープン・マイクにエントリーなさる方には、このテーマ設定にしたがう必要はありません、御自分の表現.テーマで挑戦してください。
 ✻ポエトリー、うた、バンド問わずフリーエントリーが可能です!
 事前エントリー専用BBS(TOKYO POETRY RENAISSANCE/EGPP100 BBS)にエントリー表明を書き込んでください!→http://8512.teacup.com/5lines/bbs

E.G.P.P.Nova! MIXI内コミュ→http://mixi.jp/view_community.pl?id=230706

<写真>オマル・ハイヤーム作『ルバイヤート』初版本


謎に、迫ってみよう。。
参考サイト一覧
http://www.crc-japan.com/research/titanic/index2.html
http://aruconsultant.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-b6e8.html
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120401-00000302-webhon-ent
タイタニックは、すりかえられていた?
これは、様々なメディアで語られているから簡略化するが
1912年当時、ホワイトスター社は経営不振に陥っていた。
それに加え、所有するオリンピック号の修繕にも莫大な費用がかかると判明しオリンピック号とタイタニックを保険金目当てで摩り替えた。
という説がある。
また、沈没の12年前出版されたある小説にタイタニックの事故を髣髴させる作品が存在する。
●オープンマイク・イベント/TOKYO POETRY RENAISSANCE
E.G.P.P.Nova!/Step129
テーマ:タイタニック沈没~100年目の教訓
2012年4月11日(水)開場19:00/開始20:00
参加費:1,000円(1Drinkつき)
MC:フーゲツのJUN、梓ゆい
(出演予定者)フーゲツのJUN(ポエッツ)、松岡宮(ポエッツ)、梓ゆい(ポエッツ)、藤木吾呂(お笑い)、ココナツ(うた)、よねやまたかこ(うた)ほか……エントリーしてくれたあなた!

会場:ライブ・バー水族館(新宿区百人町1-10-7 一番街ビルB1)
問:03-3362-3777(水族館)→http://naks.biz/suizokukan/
主催:電脳・風月堂→http://www1.ocn.ne.jp/~ungura/

 この4月15日は、タイタニック号が史上最大の海難事故で多数の死者を出して大西洋沖に沈んでから丁度100年めに当たる。運行会社ホワイト・スター・ライン社は「不沈船」として、大々的な宣伝をしながらその安全神話に胡座をかき、処女航海で氷山を回避できずに右舷に出来た亀裂から浸水し、ついには大西洋の海底に引きずり込まれてしまった。史上最大の客船、その豪華な作り、でありながらその大半の乗客は船底近くの三等船室に押し込められたアメリカンドリームを夢見るアイルランドからの移民だったと言う事実。移民船タイタニック号はまるで世界の階級差別の模型のように貧富の差によって、その生死さえも決定されてしまったのです。
 タイタニック号の海難事故から100年目のこの4月にタイタニックに秘められた謎を手がかりにそこから学ぶべき教訓はあるのかを考えてみます。3D公開のジェームズ・キャメロン『タイタニック』をしのぎます(笑)!

一般オープン・マイクにエントリーなさる方には、このテーマ設定にしたがう必要はありません、御自分の表現.テーマで挑戦してください。
✻ポエトリー、うた、バンド問わずフリーエントリーが可能です!
事前エントリー専用BBS(TOKYO POETRY RENAISSANCE/EGPP100 BBS)にエントリー表明を書き込んでください!→http://8512.teacup.com/5lines/bbs

E.G.P.P.Nova! MIXI内コミュ→http://mixi.jp/view_community.pl?id=230706




ベタな話だけれども、きっかけは動くことから。
そうですね。。一番行くべきところは沖縄・広島・長崎・南方の諸国でしょうか。。
これ、共通点わかります?激戦地なんです。
私、気がついたらこの時代の書物や映像に触れていく機会が多くあります。
この時代と、何か関係があり行くべきだと

オープンマイク・イベント/TOKYO POETRY RENAISSANCE
E.G.P.P.Nova!/Step127
テーマ:旅の形象、旅語り
2012年2月8日(水)開場19:00/開始20:00
参加費:1,000円(1Drinkつき)
MC:フーゲツのJUN、梓ゆい
(出演予定者)フーゲツのJUN(ポエッツ)、梓ゆい(ポエッツ)、ココナツ(うた)、bambi(スピリチャル・トーク)、よねやまたかこ(うた)、ノダミサキ(動物保護運動・うた)ほか……エントリーしてくれたあなた!
会場:ライブ・バー水族館(新宿区百人町1-10-7 一番街ビルB1)
問:03-3362-3777(水族館)→http://naks.biz/suizokukan/
主催:電脳・風月堂→http://www1.ocn.ne.jp/~ungura/

 1月の参加者の声の中から、自然につむぎだされた今回のテーマです。
 かっては誰もが旅をし、旅の中で精神的にも成長していった。今日、いまここという時間しかない旅は、明日を思い煩うよりも明日行路で出会うかもしれない見知らぬ出会いに心ふるわし、見た事もない風景に出会う事に感動したものでした。
私にとってのそれは、東京で足を運んだデカダンスとゴシックロリータファッション。
これらとの出会いが、今の私を作り出した。。
旅は、人それぞれ。遠くに行っても近場でも未知の場所に踏み入れるからこそ感動やかけがえのない物に出会える。
旅に、大いなる感謝を。

67726172_37.jpg
 精神世界の「地球の歩き方」あるいは「ロンリー・プラネット」!
 ふるって「旅」を語るべし!

 一般オープン・マイクにエントリーなさる方には、このテーマ設定にしたがう必要はありません、御自分の表現.テーマで挑戦してください。
 ✻ポエトリー、うた、バンド問わずフリーエントリーが可能です!
 事前エントリー専用BBS(TOKYO POETRY RENAISSANCE/EGPP100 BBS)にエントリー表明を書き込んでください!→http://8512.teacup.com/5lines/bbs

<写真>1993年12月、旅の巡り会いの中でマーザテレサに会ってしまったのだった!(写真はボクが撮影したものです。初公開!)


出会いは、地方の図書館から
マヤ文明。。
はて、この言葉を初めて聞いたのはいつだったかを振り返ったとき小学生のころに読んでいた学習漫画を思い出す。
ああ。この本だったな。。
61efr+509HL__SS500_.jpg
ジャングルにきえたマヤ (まんが世界ふしぎ物語) [単行本]
たかし よいち
たかし よいち
(著), 吉川 豊 (イラスト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%97%E3%82%88%E3%81%84%E3%81%A1
たかしよいちさんについて
この著者の、漫画原作シリーズは吉川氏と組んだものが古生物シリーズが20巻考古学シリーズが20巻出ている。
古生物学者・即身仏・トロイヤ・ラスコーの壁画等はこの本で知った。
今読んでも、十分にわかりやすいし面白い。
出会ったおかげで、この手の本をわかりやすい物から読み漁っていくようになった。
(将来は、早稲田に行って考古学をやるか古生物学者になるといっていた小学生時代はここだけの話。)
とてもよい、きっかけの本であった。
●オープンマイク・イベント/TOKYO POETRY RENAISSANCE
E.G.P.P.Nova!/Step126
テーマ:ポップ・ヴフ/マヤの叡智と不思議な暦
2012年1月11日(水)開場19:00/開始20:00
参加費:1,000円(1Drinkつき)
MC:フーゲツのJUN、梓ゆい
(出演予定者)フーゲツのJUN(ポエッツ)、梓ゆい(ポエッツ)、ココナツ(うた)、bambi(スピリチャル・トーク)、よねやまたかこ(うた)、ノダミサキ(動物保護運動・うた)ほか……エントリーしてくれたあなた!
会場:ライブ・バー水族館(新宿区百人町1-10-7 一番街ビルB1)
問:03-3362-3777(水族館)
→http://naks.biz/suizokukan/
主催:電脳・風月堂→http://www1.ocn.ne.jp/~ungura/

 かってメキシコ南部、グアテマラなど中米のユカタン半島を中心に「マヤ(MAYA)」と言う謎の文明が栄え、そして西暦900年頃に都市が放棄され突然滅びた。鉄器青銅類を持たず、牛馬を持たず、それでいて当時のヨーロッパの知識を追い抜くほどの正確な天文学と独特の暦を築きあげた文明だった。
 マヤはメソアメリカ文明の後裔を継ぐもので、高い文明とマヤ文字を持ち、また生贄などの儀式と神聖王権による支配体制で熱帯のジャングルを切り開き長い時代を西洋的歴史からは知られていない独自の文明を誇った。
 黄金やエメラルドで仮面を作り、神聖マヤ文字で碑銘を彫り、石器文明でありながらも天体観察の知識で太陽や金星の正確な運行を知り、その知見で作った暦にもとづく農業や戦争や儀式を執り行った。

 数年前からマヤ暦の13月の暦(マヤン・カレンダー)による占いのようなものが流行り始め、そして「2012年終末論」のようなものが巷間に流され始めた。その根拠とされたものは2012年12月の冬至の前後にマヤ暦が終わる、と言うものだった。
 北米におけるインディオのホピ族の予言や惑星直列もあって、2012年地球滅亡説はこうして真実のように語られるようになってしまった。

 冷静になって考えてみれば分かるが、終末論は千年王国待望論と結びついていわば救世主願望や世直しと結びついた「警世の書」もしくはそのような方法論である。
 だから、マヤ暦(実はマヤの長期暦)が一巡する2012年つまり本年は、地球の、いや人類の「幼年期の終わり」(A・C・クラーク)という期待感が一杯の年とも言えるだろう。アセンションとはそのような文脈で考えれば頷けるものかもしれない。
 ただ、この文脈の中には奇妙な事に失われたマヤ民族の信仰や、神話を語るものである『ポップ・ヴフ』のことがことごとく無視されている。
 『ポップ・ヴフ』、または『聖なる時間の書』を今回とりあげマヤの不思議な宇宙観を考えてみたい。

 そう、それはトウモロコシからアセンションした人間の子孫であるとマヤが考えた私たちの「本性」そのものが問われる血塗られた生贄の儀式になるのかもしれません…?!

 一般オープン・マイクにエントリーなさる方には、このテーマ設定にしたがう必要はありません、御自分の表現.テーマで挑戦してください。
 ✻ポエトリー、うた、バンド問わずフリーエントリーが可能です!
 事前エントリー専用BBS(TOKYO POETRY RENAISSANCE/EGPP100 BBS)にエントリー表明を書き込んでください!→http://8512.teacup.com/5lines/bbs

E.G.P.P.Nova! MIXI内コミュ→http://mixi.jp/view_community.pl?id=230706

Copyright © リンゴredハート~言葉には真撃であるために~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。