ファッションや芸術など、日常のことや人との出会いを通じ生み出された樹瑠の創作詩やイラストレーションを公開しています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねえ、知ってる?山梨でも詩の朗読ができるらしいYO!!
実はさ・・・・。ド田舎の山梨でも詩の朗読会開いている人たちが居るんだよね。

月江詩人会(げっこうしじんかい)といって、富士吉田とか河口湖方面を拠点にしている人たちなんだけど。

年2回不定期の開催にはなるんだけれど、来月4月に開催するらしいよ。

【詩の朗読会】

4/23(土)午後八時より

富士吉田市下吉田3-10-16 B1F

西裏/月江劇場にて

入場料五百円(飲食持ち込み可)

参加希望者は、4月15日までに参加者名と演目を明記の上連絡。

椅子・マイクが必要な場合はご用意します。

当日早めに着ていただき、照明の打ち合わせを行うとの事。

連絡先アドレス・roudokukai@excite.co.jp




都内へのお土産は、桔梗屋の各種銘菓をどうぞ。
M_T[5XR{DU1OQ8{K77R{1J7
http://www.kikyouya.co.jp
スポンサーサイト

流れは永久に脈々と。
お久しぶりです、梓ゆいです。
元気に生きて今日もどこかで詩を読んでいます、本日の更新は久々の開催となりましたこちらの告知から。

むかーしむかし、高田馬場にベンズカフェと言う大変しゃれおつで異国情緒を思わせるカフェがありました。
そこは別名「詩人の館」ともよばれ、たくさんの声と言葉で溢れかえる場所でもありあるものは自分の居場所に・あるものは息抜きの場に・あるものは友人に会う為と様々な物語が交差をして時を紡いでおりました。
しかし2011年、日本を襲った未曾有の大災害がきっかけでベンズカフェを愛しそこに集う詩人たちの無念の涙を横目に15年と言う歴史に幕を閉じました。
しかしそんな中、自分たちの積み上げたものと詩を愛する仲間たちの居場所を無くしてなるものか!!とひとりの勇敢な男が立ち上がり家族と言う後ろ盾を得て細々とポエトリーイベントを続ける決意をしたのです。
その名は、詩人「服部剛」
彼と愉快な詩人の仲間たちは年に何回か会おうと固い約束を交わし、今日も元気に詩を読む決意を固めたそうな。
めでたしめでたし。

ぽえとりー劇場第三章~外から帰ったらうがい手洗い~
ゲストライブは、第2回目に優勝で、昨年の東京ポエケットにゲスト出演したsimo-yangです。1月24日の詩人達による魂のドラマをお見逃しなく!!――以下詳細です ※※※ 「第4回ぽえとりー劇場すらむ!@奇聞屋」 ※1月24日(日)午後1時30分開場・2時開演 ※開場:奇聞屋(JR西荻窪駅より徒歩3分)・地図:http://www.kibunya.jp/info.html ※参加費1000円+1ドリンクorフードを要オーダー ※問:gouhattori@yahoo.co.jp ※※※出演詩人※※※ 笹田美紀・マノメアツシ・死紺亭柳竹・葉山 美玖・大島健夫・SatoleSatoruSeno・橘花美香子・石川厚志・福士文浩・梓ゆい・平本閣・mido・渡ひろこ・原詩夏至・中村剛彦・ホワイトハル・曽我貢誠・萩原哲夫・市川恵子 ゲスト:simo-yang 司会:はっとりん(服部 剛)  

注・(一部勝手に付け足した部分があります)

会場・西荻窪
 http://www.kibunya.jp/info.html



場所がなくなるからといって、縁が切れるわけではない。
CDMA051}UZO2Z9AI}CI[W@H
このブログにも、登場したオープンマイクイベント開口一番に久々に足を運びました。
足を運んだ方からも、メッセージが届いています。
2006年から、続いたこのイベント今年いっぱいで終了するとの事です。今年に入って、他にも終わりを迎えるものが多く寂しくて仕方ありませんが親しくなった方々との縁が切れるわけではないので。
後残り3回、休まずに伺います。
(当日の様子は、とある筋からの無断拝借)
11207333_835595999864523_8683552013845817954_n[1]
10428544_835594829864640_7978389102642717868_n[1]
http://ameblo.jp/kaikou-ichiban/こんな良いイベント、無くなるのは惜しいな。

(諸事情により、当日何をやったのかはお話できません。)

暑さに負けず、ポエトリー日和。改訂版
えー。お久しぶりです。
ちょっと、ブログお休みしてました。
でも、ポエトリーは地道に続けているのであしからず。

さて。先日は久しぶりに荻窪アルカフェのオープンマイクに行きました。
 http://alcafe.incoming.jp/
ほぼ、オープンマイクが週1回ペースで行われているため参加しやすいです。

今回の参加で、私は10回目くらい。
ここで知り合った吉村政信さんは、EGPPにお誘いした結果
常連さんになってくださいました。
U78$RHF@L7~H28014NJQHK
こちら、一編目の朗読の様子。
今回は、現代詩フォーラムに載せたこの作品を朗読。
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=274903&from=listbyname.php%3Fencnm%3D%25B0%25B4%25A4%25E6%25A4%25A4
お気づきでしょうか?
思いっきりロリイタ服着てます。
CX6)P{8R]QKDWJMG0$6G7U
続いて、2編目。
今回職業のことをモチーフにして、童話を書きましたがブログではかけないので割愛。
最後に3編目
I83[YG3[4}RQ163SQT]$WR
公共料金の領収書の、今月の金額を話した後おなじみの作品を朗読。
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=268604&from=listbyname.php%3Fencnm%3D%25B0%25B4%25A4%25E6%25A4%25A4
そろそろ、暗記しましょうか・

アルカフェのオープンマイクは、一週間限定で毎回ユースト放送で配信しています。
写真は、ここから拝借しました。
よろしければ、拝見するかアルカフェに足を運んでください。

レトロ文化の中で行うポエトリーは、至福のひととき。
新宿駅から、徒歩15分

靖国通りを、新宿御苑の方面に向かうと隠れ家的なところがある。

カールモール
http://karlmohl.net/indexpc.html
karlmohlmap_20130902190218c60.jpg
レトロで、ジャズが流れる落ち着いた店内。
6月から、第一日曜日の夜開かれているオープンマイクでポエトリーを行った。
(梓ゆいの参加は、2回目である。)main.jpg
HPの画像より。

折に触れ、ゴスロリのイベントも行われており会場に飾られている絵も好き。
5551562_1993695566_193large.jpg
5551562_1993695680_15large.jpg
5551562_1993695804_88large.jpg

チャージが、すごく良心的で2ドリンク込み1500円(!)
時間と人数によるが、だいたい1曲くらいで3回りできた。


今回、私は車の駐禁になったときのことをテキストに表しポエトリーをした。
(せつな過ぎて、詩になった・・・。)

題:OOなう。

「駐車禁止と貼られた紙に、ノックアウト。。。」

ぶつけて凹んだ、ハイジェットのボディーをなでながら

(一万五千円は、大きい。。)と

財布を開ける。。。

「すぐに、ここから逃げたい。。」と切に思う。。

カウントダウンが、死刑台に見える今

窓口へ消える、福沢諭吉に惜別を・・・・。

「軽い気持ちが、命取りでした・・・・。」
http://po-m.com/forum/myframe.php?hid=5136&from=listdoc.php%3Fstart%3D0%26cat%3D1

もう一つは、泊りがけの仕事で生まれたもの。

題:ハッシュタグ

ざわ・さわ・ざわ

ざわざわざわ・・・・。

Q,今、一番欲しい物はなんですか?

A,睡眠時間…。

深夜三時以降

始発電車も無い闇の中で

電話を、取ったことだけは覚えています。。。

布団を、敷いた様に思いますが

畳んだ布団に

頭を突っ込んで寝ていたようです。。

(ピンポーン・ピンポーン)

玄関のチャイムが鳴れば

朝日と・目覚まし時計に起こされたいと

ツイートします・・・・。

会社の隅に布団を敷き

会社で湯につかり

会社で自炊をする以上

「住んでいます!!」と

表して良いのです。。。

もっともっと重要なのは
 
着替えを抱え

再び青梅街道を自転車で走るとき・・・・。

(家に帰るのが、面倒だ。)とは

思わないようにしてください・・・。

どんな状況下でも

帰る場所であることに、変わりは無いのだから・・・。

ざわ・ざわ・ざわ・ざわ・・・・

ざわざわざわ・・・・

(暑い・暑い六畳間。帰りを待つのは、首を伸ばした扇風機だけなのでしょうか・・・・。)

イベントの、無い日はバーとして営業しているとの事。
デートに・大人の時間に足を運んでみてはいかが?

(オープンマイクなどの日程は、HPでチェックをお願いします。)
Copyright © リンゴredハート~言葉には真撃であるために~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。