ファッションや芸術など、日常のことや人との出会いを通じ生み出された樹瑠の創作詩やイラストレーションを公開しています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えし物
題:見えし物

上に立ち

教えて解る難しさ

世話を焼き

しかるにしかれず

教えても伝わらず

頭を悩ませ

苦労を強いた上司の日々を思い

感謝と共に今しみじみと噛み締める。
スポンサーサイト

服飾から
題:明暗

光りを当てたその後ろには影が出来る

それが強ければ強いほど影は濃くはっきりと浮かび上がり

奥底でうごめくモノ達の姿や

沈んで行ったモノ達の姿と共に

悲鳴やうめき声を表にだし

それに気がついた光りの下の住人は

見えない所に隠そうと
必死になって押し殺し続ける

呪縛から逃れようとするかのように

見たくない物から目を反らすかのように

そして

自分達の犯した過ちを必死で消し隠そうとするかのように


服飾ブランドアリスアウアアhttp://www.alice-auaa.co.jp/からのインスピレーションを元に。
船越氏の様に、サブカルな物を続け長く発展させた人間は尊敬に値する。

自分も、ゴスやロリ等の少数派な物を着ている。
それらを通じ、作品を発表出来る場所を頂けたり友人を得られたがが只かっこいいからだけじゃ出来ないと痛感する。

まちぼうけ
題:待ちぼうけ

あなたが居ない仕事場は

灯火が消えたような寂しさを醸しだし

いつに無く冷めた空気が

見えない顔を映し出す

そして今日もまた

過ぎ行く日にちを指折り数え

ただ静かに待ち焦がれる。
Copyright © リンゴredハート~言葉には真撃であるために~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。