ファッションや芸術など、日常のことや人との出会いを通じ生み出された樹瑠の創作詩やイラストレーションを公開しています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喧噪
華やかな色街は

一歩中へ踏み入れると

所々で本当の姿を晒し出し

必死に浮かび上がり出す姿を隠そうと

直ぐに剥がれ落ちる白粉(おしろい)を

肌が見えなくなる迄塗りたくり

何も知らないモノ達を

無造作に飲み込んで行く

その横で

欲にまみれた男と女は

血反吐を吐きながら

湯水の様に消え行く金銭に足を取られ

小さく囲まれた空へ向かい

必死に手を伸ばし

抜け出そうとあがき続ける

『早く此処から抜け出したい。』

そう言いながら・・・・。

最初、歌舞伎町等の歓楽街にはこのような印象を受けた。
少しずつ他の面を知る機会に触れた好きな街だが、未だ何処かで理由の無い怖さがある。

左:裏の裏の裏

真ん中:囲い

右:感情 338147427_80.jpg

338147427_137.jpg

338147427_175.jpg

スポンサーサイト

敬意と敬愛
題:敬愛

歴史の闇にほうむられ

大勢の人々にさげすまれ

権力という名の手によって

この世から消し去られようとしても

己の信念と価値観の元

長い時間をかけ

かけがえの無い歴史と

自分たちの文化を築き上げながら

新しい道へつき進み続けるモノ達に対して

『永遠の敬意を、私は示し続けるー。』


コンセプト『永遠の敬意と敬愛。』

10月21日に行われるデカダンスは、ちょうど一周年とのことなのでおめでたいという気持ちとデカダンスに関わる全ての方々に感謝とありがとうという心を自分なりに込めた物を制作しました。
デカダンスを通じ、自分の作品を観ていただける場所を頂いた事が一番の有難い宝です。


右:図面

真ん中:配布物時の図面

左:配布物文面
246945779_248.jpg

246945779_151.jpg

246945779_103.jpg


以前の物
以前のデカダンスで配った作品。

このとき、無と言うテーマで制作した。

題;無

抱きしめられない両手はいらない

ぬくもりを感じない心とその両手はいらない

まっすぐに伸ばせない両手も

未来をつかもうとしない両手も

手探りを出来ない両手も

何もかも全部いらない

ならばいっそ

この両手は無くなってしまえばいい

そうすれば楽になる

何も考えなくて済む。


このとき、切り取った手をイメージして包帯で隠していた。
指は自分の手をモチーフに。

光があると、影は濃くはっきり写ると感じる。
312336657_172.jpg


フェティッシュ
9月30日のデカダンス会場で、少ないですが配布させていただく作品です。
今回は、先にばらしておいた方が配りやすいです。

テーマ
『フェティッシュとは、最高のSEXと最高のエロスである。』

題:無題

あなたの視線が

私の瞳を捕らえて離さない

あなたの心地よく響く声が

私の心を捕らえて離さない

あなたの肉体が

私の体を心ごとネジ伏せながら

捕らえて離さない

あなたのなぞりゆく指先と舌先とぬくもりが

私の中で目覚めた女を

捕らえて離さない

荒々しく入って来るあなたが

私の全てを束縛し

捕らえて離さない

あなたの腕の中で

私はひとりの女になった

あなたの側に居る事で

女としての自由を手に入れられる

私はあなたのもの

何があっても離れない

私はあなたのもの

弄んでいいのはあなただけ

私はあなたの玩具

私はあなたのLoveDollー。


左/離れた形

真ん中/配布時ディティール組み合わせ

右/裏面
初めてをイメージした赤と、象徴の白 
230993738_241.jpg

230993738_195.jpg

230993738_94.jpg


デカダンス
TokyoDecadanceと言うイベント(ゴシック/パンク/フェティニッシュなんでもあり)会場で、自分のファッションとリンクした詩とイラスト作品を少しですが配り歩いてます。
ミクシイもオーカイザーの方に、紹介していただきました。
9月9日に行われた、卓矢エンジェルメインのエンナイトで卓矢エンジェルの商品をモチーフにしました。


題:本音

両手を伸ばして

息を思いっきりすい込んだら

少しだけ

心が軽くなった

自分を見直して

内面と向かい合ったら

好きな物が見えた

周りに惑わされなくなったら

大切な人たちが側に居る事に

気がついた

自分に正直になったら

生き生きと毎日を

過ごせる様になった

右/イラストレーターの作成物

左/会場で配布したもので、裏に詩を書きました。
卓矢エンジェル定番の、財布をモチーフに制作

226067487_234.jpg

226067487_247.jpg


12/12当日
モニター患者時に、施していただいた歯科技師先生ののギブスパフォーマンスの全体図。
もうすぐ、クリスマスとのことでクリスマスを意識した装飾とのこと。

ここで一句

クリスマス

心に染みる

寒さかな

この日、手探りで話した人から得たインスピレーションを元に詩を書いてその人に渡していた。297128566_136.jpg

297128566_75.jpg

297128566_55.jpg


12/12ビザクリ
題:無題

相なって異なるモノ同士は

永遠に交差する事は無い。

相なって居るモノ同士は

いつか気がつく違いに重みを感じ

その交差を泣きながら解く。

異なって相なるモノ同士は

何処かで繋がった一本の糸と共に

交差する日が来る。

元々は、老舗ゴシックブランド『aliceauaa』のDTP印刷物と自分で想定したauaaのコレクションテーマ『交差』を想定し作品を作る時に考えた文。

http://www.alice-auaa.co.jp/
文章内容が、ビザクリとも共通すると感じこの詩から得た物を図案化。
ナースもしくはモニター患者(パフォーマーと捕らえています)として参加します。

デカダンスやビザクリで、作品を受け取って下さる皆様いつもありがとうございます。

右:交差からのインスピレーション

真ん中:裏面と図案(存在の赤と消失の白)

左:(おまけ)昨年行った、auaaの本店にあったオブジェを元に描いたもの
290400290_45.jpg

290400290_166.jpg

290400290_67.jpg


最終日当日
お茶の水鍼灸・指圧センターより出張の田口先生による「絶倫☆火炎式吸玉治療」実演のモニター患者(餌食)となる。
かなり痛かった‥‥。

(お写真は、黄金咲様から頂きました。)
右の写真時に、周囲から『何かが生えて来ている、人間ではない。』と言う声が上がった。
自称人間シムーン。

今回も、会話をした人やパフォーマーからのインスピレーションを元に詩を創作し本人に渡してみた。

その中の、作品の一部。



題:音楽家

刻み出す音楽は

血や肉となり身体の中の流れ

全てを司る心臓は

命の鼓動と共に

思いを込めたメロディーを生み出して

指先を伝い

多くの人々の心に熱い一石を投じて行く。



題:心

たった一つの出会いは

かけがえの無い物となり

多くの良き事へ私を導いてくれた

『ありがとう。』

あなたと会えた事は

この言葉の暖かさを

改めて思い起こさせてくれる。



題:空気

あなたの手は

沢山の人々に元気を与え

明日への活力を生み出して

健康への有り難みを噛み締めさせてくれる。

それはまるで

暖かい父の手の様に・・・・



題;輪

たった一本の糸は

不思議な縁となり

あなたに引き合わせてくれた。

辛いだけの場所も

居た事は決して無駄ではなかった

離れても

素敵な出会いをもたらしてくれたから。


※作品の、一部を変えて載せました。

349716476_216.jpg

349716476_104.jpg

574032_2625428916.jpg


青い部屋最終日
去る2月13日に、青い部屋にて行われた東京ビザールクリニック

青い部屋での開催は最終日で、3月からはリニューアルし六本木『鍵』にて第二日曜日開催される。

http://web.mac.com/shosaku1/iWeb/event_rist/eventristmemu/1E823870-0723-49AF-81FA-7589A5D17D5F.html

配布作品
テーマ『月に一度の苦痛』

題:痛み

流れる赤黒は嫌い

嫌でも目を背けたくなる現実を目の当たりにするから

押し寄せる痛みは嫌い

沢山の薬を投入しても中々納まらないから

月に一度の憂鬱は嫌い

何かに監視されているかの様な時間の中に居るから

自由に動けない体は嫌い

意志と反して動きを止め私を押さえ付けるから

鈍愚な生き物は嫌い

ずけずけと踏み込んで全てを台なしにするから

離したくても離せない

止めたくても止まらない

目を背けたくても背けられない

逃げても逃げても追い掛けてくる

そんな繰り返す時間の中に居る時が

何よりも一番嫌い。

いつも、タイミング悪くこの時期に苦痛がきます。
今回は、伏せておきます。

画題:錠剤
(包装紙と錠剤をイメージ)
左は、錠剤をモチーフにした絵。




349677170_46.jpg

349677170_225.jpg


ビザクリ続きとハイエナジーディスコ
左:デスマスク現物

真ん中:型取り物


ビザクリのスタッフの一人アンナ様の主催のイベントでも同じ作品を配布する場所を頂いた。
アンナ様有り難うございました。

ハイエナジーディスコ創作作品
(一遍双方にて創作。一部改良あり)

題:女心

ダ~メダメ

見えぬ所を磨かねば

女人は決して振り向かぬ

視線をこちらへ向かすには

茨の道がさえ塞ぐ

『えいこらやっこら。えいこらやっこら。』

此処を越えれば両手に花

題:勇者

はーっはっは

勇気を持った我らには

恐れる事は何も無い

西へ東へこれからも

ズンズンズンズン突き進む!!!!

題:裏

鞭の如くしなやかに舞い踊る身体は

観る者全ての心を

ほどけぬ縄で固く縛り付け

沸々とわき上がる快楽と共に

心の底に眠る秘めたる欲望に

目覚めの秘薬を叩き付け

奥底に封じ込めていた箱を壊し

気付かぬ人格に招かれて

未だ見ぬ世界への一歩を踏み出して行く

厚く覆いかぶさる仮面をたたき壊しながら。


黄金咲様アンナ様
有り難うございました。



382446980_225.jpg

382446980_156.jpg

382446980_153.jpg


3/11当日
アナプラストロジスト(顎顔面補綴技師)・ギプシー岡崎先生の、デスマスク制作の生け贄(モニター患者)となる。

この日も、人からのインスピレーションを元に詩の創作を行った。
(一部改良あり)

題:解放

解き放て!!

隠した心の固き鍵

鍵が外された瞬間

誰にも邪魔出来ぬ自由が手に入る

題:美

指先から放たれる魔法は

美しき欲望と共に

強き願望を叶え

個々を前向きにする力を与え

より美しい自分自身へと

蝶の様に変化を遂げて行く。

題:感謝

『楽しみの一つ』

その一言があるから

今日も言の葉を刻み続けられる

そっと見守る誰かが居れば

心の泉は決して枯れない。

題:託された願い

深き闇の底でも

決して切れぬ糸は無い

たった一つでも

世界と繋がり続ける限り

温かき手を差し伸べるかけがえの無い者に

巡り会う。

題:トンネル

深き闇の底でも

しっかりと繋がる手がある限り

迫り来る恐怖を吹き飛ばす

その先の出口を求め

一歩一歩進み続ける限り。

写真:当日の様子第一弾
(毎度、一部見苦しい点がございます。)
お写真は、黄金咲様から頂きました。
有り難うございました。

382386140_167.jpg

382386140_147.jpg

382386140_162.jpg


3/11ビザクリ
去る3月11日、六本木『鍵』で行われた東京ビザールクリニック改め六本木ビザールクリニックで配布した作品。
http://www8.ocn.ne.jp/~golden-d/rbc.htm

当日の様子は、後日UP致します。

題:心の顔

押し殺し

心に映る涙顔

耐え忍ぶ毎日を乗り越えた時こそ

次の扉は開かれ

心からの喜びを得られる労働と変化する

あなたと居た時は

例え短くとも最高の日々となりて残り

優しき笑みと

無言で語る背中と共に

教え・戒め・励ましを

辛き事にめげる己に叩き込む。


左:題 心ノ目(配布画)

真ん中:詩面

右:題 面影
(詩のインスピレーションを頂いた方。社会人として最初に出会えたのは幸運だった。)
374722958_43.jpg

374722958_132.jpg

374722958_62.jpg


太陽
力強き光りに照らされて

月は一段と輝きを増し

降り注ぐ光りを浴びた大地は

清らかな水を得て風と共に豊かな穀物を実らせ

そこに住む人々は

当たり前の日常に対し有り難みと感謝の心を忘れず

生活を営み続ける

まるで回りにあるモノ全てに敬意を示すかのように

そして様々な壁をも乗り越えて

一つの物に突き進んで行くかのように。


想いの綴り~神様~
絵の職に携わるうげら様からのインスピレーションを元に創作。

題:一本の木

夢と希望という名の種はやがて

神木の様な幹を持った大木となり

しっかりと大地に根を張って

個々に生き写しの大輪の花を咲かせた後

己の持ち味を反映させた果実をたわわに実らせた

激しい嵐に巻き込まれても

照りつく日差しのような暑さの中で

枯れ果てそうになっても

心無い者達に切り倒されようとしても

決して倒れようとはせず

困難になればなるほど

日々逞しい木へと姿を変えて行った

やがて実らせた果実は

時代を反映させながら

様々な形の種となり受け継がれて行く

新しい者達を正しく導く様に

自ら作り上げて来たモノを

次の世代へ繋げて行く様に。


三枚の写真
実家の目の前の林と、曾祖父の代からある家にある木でこれらには小さい頃から、不思議な何かがあると信じて疑わない。
編集312213924_59.jpg

312213924_139.jpg

312213924_244.jpg


想い人
どんなに想っても

どれだけ一緒に居られる些細な時間を過ごしても

良い所を一つも見て貰えない

結ばれたいと強く願っても

決して叶わないこの想い

『捨ててしまった方が楽になれる。』

そうやって否定しても

自分には何も残らず

一人いじけるだけで終わってしまう

それならばこの事をバネに

今の自分のステージで

目の前の事を精一杯やりながら

沢山の人と関わって自分を磨き続けて

生きて行きたい

いつかその人以上に

大好きな人と出会える様に

『あなたを好きになったから、もっと奇麗になりたいと

心から想える様になった。

もっと自分の中身を磨き続けたいと日々精進し続けた。

あなたを好きになったから、誰よりも大切と想える素敵な人と

巡り会う事が出来た。』

あなたを好きになった事は

決して無駄じゃなかった

ありがとう。

いつか心からそう思える日まで。


無題
沢山流した悔し涙と

壊れるくらい耐え抜いた事は

いつかきっと自分の糧になる

あの時の自分があったから今の私が居る

あの時の苦難を乗り越えたから

思い描いていた事にまた一歩近づいた

立ち上がる事を忘れなければ

足元から

その先に道が見える



職場の同い年の方からのインスピレーションをもとに。

アリスアウアアから2
題:明暗

光りを当てたその後ろには影が出来る

それが強ければ強いほど影は濃くはっきりと浮かび上がり

奥底でうごめくモノ達の姿や

沈んで行ったモノ達の姿と共に

悲鳴やうめき声を表にだし

それに気がついた光りの下の住人は

見えない所に隠そうと
必死になって押し殺し続ける

呪縛から逃れようとするかのように

見たくない物から目を反らすかのように

そして

自分達の犯した過ちを必死で消し隠そうとするかのように


アリスアウアアから
題:螺旋

一つの思いは

連鎖となってその時代を写しだし

個々の思想と重なって

嵐の様な渦の中で

時に苦しみと悲しみを味わい

時に憎悪や恨み・嫉妬の炎に身を焦がす

その一方で

喜びと楽しさと危険な快楽を知り

勇気と労りの心を得て

相反する二つの顔を持ちながら

メビウスの様に回り続ける

見えないモノに嘲笑われ

掌で転がされているかのように。


画題:邪眼332570529_239.jpg


まぐわい
学校卒業時、サークル内で発行する小冊子に掲載していただいた作品です。




あなたが私を抱かぬなら

あなたの両腕を切り落とす

あなたが女を見ぬのなら

あなたの男をそぎ落とす

あなたが死に急ぐなら

あなたの両足を切り倒す

あなたの目が眩むのなら

あなたの光を刺し潰す

あなたが生き残るなら

死後の地獄も付いて行く

あなたが戻って来るのなら

この世の地獄も耐え忍ぶ

あなたが笑顔を絶やさぬなら

其の為に強かになる

あなたが涙を流すなら

魂となって

地の果て迄抱きしめにゆく

あなたが生きるのなら

私は意地でも生き残る

あなたが連れに来るのなら

静かにあなたに殺される

あなたが私を忘れぬなら

心に深く焼き付ける

あなたが希望を捨てぬなら

ずっと前を見続ける

あなたは私の世界の全て

あなたの女になったから

只の痛みも

快楽にすり替わる

あなたは私の世界の全て

あなたが居るから

私は此処に居られる

あなたは私の世界の全て

あなたに出会う会う為に

私は今日まで

生きて来た


左/掲載させて頂いた形

真ん中/使用絵1

右/使用絵2
230078522_69.jpg

230078522_2.jpg

230078522_124.jpg


歩み
力強く踏み出した一歩の先には

誰よりも素敵に輝く自分が待っている

険しい道のりに出くわしても

果てしなく続く真っ暗なトンネルが

目の前に広がっても

決して諦めない

また必ず自分の足で歩き出して見せる

『なりたい。』

心からそう願う

自分に会う為に。



辛抱
今は辛くとも

出来る事から何かをやって行けば

積み重ねたモノが繋がったその先で

いつか絶対暖かい光が浴びられる

沢山失敗すること

沢山怒られること

飛び交う周りの罵声は

幾度に立ち塞がる高い壁を乗り越える為の試練

これを乗り越えた先で

少しの事でへこたれない自分になれる

些細な事から得た物を自信にして

また立ち上がれる自分になれる

もっともっと

出来る事が増える自分になれる

頑張りたい

そんな自分になる為に

たった一度の自分の人生を

精一杯歩める人になれるように。


出会い
たった一つの些細な出会いが

大きな道標をくれた

たった一つの些細な出会いが

良き物達へ私を導いてくれた

たった一つの些細な出会いが

大切な人々の元へ私を引き合わせてくれた

力に押さえ付けられ

渦巻く世の中に揉まれ

例え何かを見失いそうになっても

絶対に負けない

沢山の時間を賭けても

辛い事をバネに出来たとき

改めて良き物達に出会える

そしていつか

今以上に沢山の良き出会いと

大切な人々に引き合う事が出来る

困難の中でも

生きる喜びを忘れない限り


役者
題:役者

積み重ねられた幾多の人生と共に歩む道筋は

あなたに多くの学びと豊かさを与え

隠されていた魅力と感性を引き出ながら

自身の中に一層な味わい深さをに蓄えて行く

そしてそれらを土台に

共に存在する命の鼓動を強く感じ

苦難にも負けない心と勇気を持って

一つ一つの人生を懸命に生きる

熱き想いを込めた一石を

大勢の人々と投じながら。


展覧会
学生時、浜松市でドイツと日本の現代アート作家の合同展覧会が開かれその中で行っていた学校で有志を集い、グループ展を開催する事となった。

出品した写真のインスタレーション。

題:涙
コンセプト
大勢の人の中で、誰しもが自分を押し殺し生きている事が多い。
家族/学校/社会/様々な人間関係等・・・。
何かを見つけられない/何かをずっと我慢し続けている/押さえていてつぶれそうな体と心/背けていた、押し殺した自分自身の様子をいっそ出してしまいたい・・・。

上記の考えのもと作品を制作した。
もちろん、沢山叩かれもした。

題:サヨウナラ

アナタノ娘ハココニハ居ナイ

アナタノ娘ハココニハ居ナイ

冷タクナッタ心ノ中

形ハ娘心ハ人形

モウ二度ト戻ラナイ

モウ二度ト出テコナイ

モウ二度ト何モ言ワナイ

アナタノムスメハココニハイナイー。

アナタノ友ハココニハ居ナイ

アナタノ##ハココニハ居ナイ

アナタノ##ハココニハ居ナイ

ココニ居ルノハ・・・・

『単なる物だから。』

アナタノ##ハココニハイナイ

アナタノ##ハココニハイナイー。

上記の詩は、一年後作品を見直して書いたもの。
詩人団体の、作品賞に入賞した。


題:無意識

沢山のお金も

贅沢な服飾も

おいしい食べ物も

何もいらない。

『何も言わず、抱きしめてほしいー。』

それが心から願う

たった一つの事。




モノクロ二枚は、展示したインスタレーションの一部
(規制を考慮し、カラーを避けました。)

カラーは、主に私の作品スペースの会場の様子
314168492_173.jpg

314168492_188.jpg

314168492_254.jpg


夏の日に・・・・
懐かしい声を聞いた

ざわざわとつぶやく波の中から

大好きだった

家族の笑い声が聞こえてきた。

「お父さん・・・・

お母さん・・・・

姉さん・・・・

兄さん・・・・

そして

未だ幼かった兄妹たちよ・・・・

私はここまで生きて

生き抜いて来た・・・・。」

夏の暑い日

みんなはいっぺんに空へのぼっていった。

みんな帰ってこい

みんな帰ってこい

帰ってこい

もう何にも

おびえなくても

いいんだよ

真っ赤な爆弾の雨にも

鳴り響く軍靴の音にも・・・・

上を見上げれば

のぼっていった空が

青く広がっているから・・・・

だから

みんな帰ってこい

帰ってこい

私の元へ帰ってこい。


さとうきび畑の唄からの、インスピレーションを元に創作。

想いの綴り~無限大~
題:無限大

やってきた一つの物事は

様々な形に姿を変えて

周りの事全てに繋がって行く

その過程のかけがえの無い出会いは

大勢の理解者を引きつけ

変化する時代の中で未知を求めながら

あなた自身も日々進化をし続ける

歴史の記憶を刻む大木の年輪の様に。

叫び
引き返すな!!

遠くに壁が見えたなら!!

引き返すな!!

そこに扉が見えたなら!!

引き返すな!!

開く鍵も道具も

必ず現れる!!

引き返すな!!

目的地があるのなら!!

引き返すな!!

扉の向こうが見えたなら!!           

引き返すな!!

決して後悔しないために!!

引き返すな!!

必ず向こうへ行くのなら!!

引き返すな!!

第一歩を踏み出すその日迄!!


決意
20070529174605
逃げない、絶対に!!

目の前の扉から遠ざかる…

逃げない、絶対に!!

一つのことを完成出来る迄…

逃げない、絶対に!!

一人で流れが出来た後

もう一度行きたい場所へ行く為に…

重い未練も…

押しつぶされる後悔も…

繰り返すのは嫌!!

腑に落ちないまま過ごすのも嫌!!

もう一度踏張ろう!!

同じ鉄を踏まない為に…

もう一度踏張ろう!!

いつか飛び込む戦場で

精一杯戦うために!!!


困惑
20070529165104
おはよう。

目を合わせてそう言って

他には何も望まない

お疲れさま。

顔を上げてそう言って

他には何も望まない

絶対気持ちも表さない…

絶対何も口にしない…

決して困らせたりしないから…

『だからお願い』

お早よう。

目を合わせてそう言って

お疲れさま。

顔を上げてそう言って

明日
一つ一つ積み重ねた物事は

良いことも悪いことも全て形を変えて

自分の物になって返ってくる

沢山犯した過ちも

体が引き裂かれる位悩んでいることも

無駄にする事は何も無い

あの時の出来事は今の自分になる為に必要だった

きっとそんな風に思える日が来る

成長したい

伸び続けたい

そう思い続ける心がある限り。

Copyright © リンゴredハート~言葉には真撃であるために~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。