ファッションや芸術など、日常のことや人との出会いを通じ生み出された樹瑠の創作詩やイラストレーションを公開しています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繋がるもの
従業員用の出入口の一つは、式場の裏手にある倉庫で邪魔にならぬように棺も置いた場所であった。
白の布地に刺繍が施された棺が出棺分出されると、窓から棺の置場だけ日が差し込み立に置かれた分白樺の林の中に居るようでもあった。
一つ二つ無くなり、友引前少々スペースが出来ると日光の暖かさが余計に身に染みて物悲しくもなった。
大きな成人用の棺の間に、時折小さな棺が置かれている事が何度もあった。
トーンが少し暗めの、サーモンピンクの棺には楽しそうに楽器を奏でる笑顔のテディベアが描かれていておもちゃ箱にも見えてくる。
それが一つ二つ無くなる度ふっと淋しさを覚えた。

在職中の初春、赤ちゃんの葬儀が執り行われた。

その日は、外部の花屋の担当だったが片付けを手伝いに行く準備の為、出棺後直に式場へ行くためにモニターを見ていた。
真夏の森のように、爽やかな翠の樒の飾りを背にお別れで入れられて行く樒で棺に入れられた赤ちゃんの周りが埋め尽くされると数人の男女が棺を取り囲んだ。

母親らしき人物が、何度も何度も頭をなでぎゅっと抱きしめていると傍にいた数人が順番に赤ちゃんの顔を何度も覗き込み頬に触れそのうちの1人がそっと女性の方に手を置いた。
いつもより長いお別れ時間が取られ、名残惜しそうに蓋が閉じられた後参列者に見守られながら静かに静かに棺は火葬場へと向かった。

「今日の赤ちゃんは、病気を持って生まれて来て死産でもおかしくない状況だった。
一歳半になれたこと事体、奇跡的なことだったみたいだね。」
式が終った後、花屋さんから耳にした。
参列客とすれ違ったとき「頑張ったね。本当に。」
の一言も聞こえた。

この時の施行は、昨年亡くなった知人の「葬儀は、かけがえの無い素晴らしい仕事。」の一言と共に今でも深く深くこびりついている。



※何処も式場内には、カメラが設置されていて建物内の各部署のモニターに常に様子が映し出されている。
このモニターで、式場内の動きを確認しながらお別れや片付け・飾りに向かう。
スポンサーサイト

大晦日は、武蔵小金井に集合!!
イベントのお知らせです。

2008年12月31日(open 21:30,start 22:00,charge \1500(1ドリンク、お雑煮付))
開催場所 東京都(武蔵小金井アートランド 0423836155(JR武蔵小金井駅南口より徒歩3分))

「鼠から牛へ・年越し以心伝心NIGHT2008→2009 -朝までちりがみ〈生〉SPECIAL-」

出演
・梓ゆい(前衛少女A)
・キャサリン本田
・ちりがみ〈生〉(TASKE)
・魔ゼルな規犬
・Syadoooo(from 岐阜)
・Lala
・羊監督
・猫道(猫道一家)
・解離(from 名古屋)
・ゲシュレクトオルガン etc.

さあそこのあなた、年初めと終わりはアートに囲まれて過ごしましょう!!!
切実に、ご入場御待ちしています。

夏の風物詩
夏の暑い盛り、霊安室に入るのはとにかく嫌だった。
凄く冷えた薄暗い部屋の中では、防腐剤の臭いに混じり微かに不快臭がした。
例えるなら、尿と血が入り交じったもの
最初のうちは、軽い吐き気と部屋の薄暗さに悪寒を覚え急いで一輪差しを変えた後逃げる様にエレベーターに飛び乗ると廊下の明るさやエレベーターの下る音が、まるで蜘蛛の糸の様に有難く思える物へと変わった。

最近、自殺者が多いですね。
今週に入り三件、そのうちの一件は自分が担当しました。


多忙期以外でも、時折耳にした会話の後方付けや飾りで裏を通る時ビニールシートを抱え霊安室に入る社員にすれ違う事も多かった。

一度だけ、直にその光景に出くわした事がある。
『今回のご遺体は、腕だけしかない。くれぐれもご家族には見せない様に。』
女子社員に指示を出した後、男性と女性で素早く柩を覆い隠していた。
多分あれがそうだな。
その日の朝、変死体と処理されたモノが来たと耳にしていた。

昔はね、もっと変なのが来ていたんだよ。
私も、現場迄引き取りに行った事が何回かあるし拾った事もある。
飛び降りの現場は悲惨だった、それをね木箱に丁寧に入れて行ってね。
箱を抱えて帰った時、会社のエレベーターで、事を知った奴に聞かれるんだよ。
先ほどの仏さんですかってね。

・・・・・。

ベテランの社員から、この話を聞いて以来施行部の事が見えにくい面もあった事もあり明らかにいつもと違うモノを抱えた社員さんと乗り合わせる事を徐々に避けて行く様になっていた。






人間関係のこと
今だから言えるが、葬儀の施行に携わる人間が好きではなかった。
何となく、返礼品や料理に携わる他の裏方より下に観られている感を強く感じていた。
以前、上司に葬儀屋になれなかった奴が花屋の方に回ってくることも多い。
とも話を聞いたことがあった。

こんな事があるんだ。程度で読んで頂きたい一冊の本。
死んでも死ねない葬儀屋裏事情


この本、あるレビューを事前に読んで知った。
業界の人間では、大変否定的な意見を持ちこれはあり得ないと言う意見も拝見した。
事実、私もこれはあり得ないと思う部分が多かった。

http://www.febe.jp/content/content_25213.html本編朗読あり

イベントのお知らせ
知人のイベントを、宣伝致します。


▼「軍の廃止  日韓ともに展望しうるか」
▼日時:2008年12月13日(土) 13:30開場 14:00開始
▼会場:早稲田大学15号館02教室
 
▼参加費 500円
 徴兵制に反対して、何かと物議を醸すアクションを起こしている姜議錫氏が韓
国から来日している。彼は言う、
 「韓国も日本もアメリカも、一緒にやめれば軍隊なくせる」
 シンプルだが、魅惑的な響きだ。しかし彼の元には様々な批判・悪罵が寄せら
れる。「軍事的空白は危険だ」「祖国防衛を放棄するのか」「日本の軍事大国
化にどう対抗するのか」。各国には各国で軍隊が維持される文脈と社会的認知が
ある。それを無視してことを進めるのは難しい。
 日韓双方の社会が流動化する中、ナショナリズムが受け皿となるという現状も
ある。
 今回、彼の提起を受けるにあたって、日本からも9条改憲に反対し、同時に現
在の格差社会に声を上げている園良太氏をお呼びした。どんなキャッチボール
になるか、ぜひご参加を。
▼発言者紹介
○姜義錫(1986年生まれ )
 高校時代、礼拝強行へのハンスト抗議を皮切りに、以降、軍事に反対する行動
を重ね、近隣諸国の軍隊廃止を主張。今年10月1日の韓国軍建軍60周年パレードへの全裸抗議で一層話題を呼ぶ。
 [wikipedia 姜 義錫]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%...
○園 良太(1981年生まれ)
 2003年のイラク戦争以降、反戦運動に関わる。自身主宰する「憲法Cafe」
では自民党の改憲試案の洗い出し作業、討論を重ねる。最近では「反戦と
抵抗の祭<フェスタ>」で「戦争が日常にある風景」と題する、アメリカ帰還兵
・韓国徴兵制・日本の戦争準備をえぐる企画を立案。
 同時に格差社会を考えるフリーター全般労働組合にも参加。
    ブログ http://srysrysry.blogzine.jp/
    憲法カフェ http://d.hatena.ne.jp/kenpou-cafe/
    反戦と抵抗の祭 http://a.sanpal.co.jp/r-festa/
○竹内一晴(司会)
 フリー・ジャーナリスト。韓国人の反徴兵活動家ブンブンを週刊金曜日の記者
として取材。その後断続的に韓国の反徴兵運動を追っている。

韓国徴兵制と人権侵害を考えるPANDA(Peace and No Draft Allieance)
http://panda1panda2.web.fc2.com/
e-mail:LISK07@gmail.com


不可思議な事は効果があるのかについて
久々の更新のネタは、以前見つけた某所のコラムから。

恋に悩んだ女子が時に起こしてしまう不思議な行動

○彼と別れた直後の会社帰りに、占いをハシゴして終わった後夜の有名な公園を歩き回り涙ながら切なさに浸った。
○彼の最寄り駅迄ついて行った
○浮気された衝動に、興味の無かったブランドのバックをローンを組んで買った。
○好きな人を誘惑する商品をネットでチェックしていた

等、面白い意見が寄せられていたがその中の一つ
○恋愛成就で有名な神社に通った
について。

先々月、高校時代の先輩とお会いした時縁結びの神として有名な神社の情報を仕入れた。
神前結婚式発祥の地飯田橋の東京大神宮
ph02.jpg

恋みくじのジンクズ等を聞き、翌日わらをもつかむ思いで現地に向かった。
境内で、必死のオーラを醸し出し恋愛成就を祈るうら若き乙女を横目に
お参り後、恋みくじの箱へもう突進!!

※大吉が出たおみくじを大切に持ち歩くと3週間以内に想い人との良縁となり
良いおみくじは、恋愛に関して良い方向へ進む。(先輩談)

まず一投目
小吉
二投目
小吉
三投目
中吉
書いてある事に納得出来ず、三回程引いてその中で良い物を持ち帰る事に。

そして翌週、偶然付近に行く用事がありまた例の如くお参り。

一投目/二投目
中吉
三投目
末吉
四投目
小吉

予算が足りなくなりそうなので、二投目の中吉を持ち帰る事に。

(また足を運んだ事は、ココだけの話)

その後、恋愛では物の見事玉砕し希望の方面ではしっかりと良縁に恵まれ良い方向に船を滑らせた自分がいた。(泣笑)

結論
神頼みより、積み重ねとタイミングそれに向かう為の努力

祈る暇があれば、自分を磨けゴルアアア!!!!
と言う事でしょうか。

きっと素敵な人は見つかりますよね!!多分・・・・・。

東京大神宮ホームページより拝借
map_new03.gif
http://www.tokyodaijingu.or.jp/
Copyright © リンゴredハート~言葉には真撃であるために~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。