ファッションや芸術など、日常のことや人との出会いを通じ生み出された樹瑠の創作詩やイラストレーションを公開しています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らないと判ったモノ達は、思考をとめて口を閉じる。。
注意書き。これから取り上げる人物を書くにあたって。。

わたしは、この方の掛け声で最初知りこの人物が今日までどんな人なのか知りませんでした。
今も、よくわかっていません。。

オープンマイク・イベント/TOKYO POETRY RENAISSANCE
E.G.P.P.Nova!/Step124
テーマ:大洪水のあと/ランボー没後120年
2011年11月09日(水)開場19:00/開始20:00
参加費:1,000円(1Drinkつき)
MC:フーゲツのJUN、梓ゆい
(出演予定者)フーゲツのJUN(ポエッツ)、梓ゆい(ポエッツ)、藤木吾郎(ピン芸人お笑い)、ココナツ(うた)、bambi(スピリチャル・トーク)、たかこフラワー(うた)、ノダミサキ(動物保護運動・うた)ほか……エントリーしてくれたあなた!
会場:ライブ・バー水族館(新宿区百人町1-10-7 一番街ビルB1)
問:03-3362-3777(水族館)→http://naks.biz/suizokukan/
主催:電脳・風月堂→http://www1.ocn.ne.jp/~ungura/

 今年、2011.3.11あの東日本大震災と大津波、それが引き金となった福島第一原発の1~4号炉メルトダウン人災事故以降さまざまな言葉が発せられました。
 「ただちに影響はない」から「想定外だった」、「放射能はむしろ身体にいい」といったトンデモ発言まで、政府、マスコミ、メディアなどがどういう役割を担って位置づけられていたかということをあからさまに感じられる日々だったとも言えます。
フーゲツのJUNさんの言葉。。

 
関連つけて。。
震災直後、一番いやだったのは原発事故を含め不安になるようなことを連鎖反応でネットに書く人が多くいたことだった。
私自身、怖かったけれど冷静にいるべきだと考えむやみに書かなかった。
今にして思えば、あの時流れに乗らず情報発信をしなくてよかった。
私だって、大切な場所を失った。

 この日はアルチュール・ランボーの没後120年の命日の前日、 さらに、3.11から8ヶ月めの前々日です。
 経済活動ばかりが優先され、原発の再稼働(九電玄海原発)も画策され、アジアへ輸出する事まで野田政権の下でされようとしています。
 いったいこのままでいいのでしょうか?
 福島第一原発人災事故は本当に収束しつつあるのでしょうか(小規模だったらしいですが、再臨界も起こったようです)?
 福島の子どもたちへの健康被害の調査は、今後子どもたちの生涯を通じて追跡調査および健康のために行われなければなりません。
フーゲツのJUNさんの言葉より。

 今年は、世界中が大きく揺れ動き変化に巻き込まれる年であると梓ゆいは勝手に思っています。。
66060086_36.jpg

 一般オープン・マイクにエントリーなさる方には、このテーマ設定にしたがう必要はありません、御自分の表現.テーマで挑戦してください。
 ✻ポエトリー、うた、バンド問わずフリーエントリーが可能です!
 事前エントリー専用BBS(TOKYO POETRY RENAISSANCE/EGPP100 BBS)にエントリー表明を書き込んでください!→http://8512.teacup.com/5lines/bbs

E.G.P.P.Nova! MIXI内コミュ→http://mixi.jp/view_community.pl?id=230706

次回開催予定→2011年12月14日(水)。
問い合わせ 03-3362-3777(水族館)もしくはmixiメールでフーゲツのJUNまで。

(写真:津波襲来直後の南三陸町)


スポンサーサイト
Copyright © リンゴredハート~言葉には真撃であるために~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。