ファッションや芸術など、日常のことや人との出会いを通じ生み出された樹瑠の創作詩やイラストレーションを公開しています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方ってさ。みんなどうやって自分の詩を発信しているんだろ?
0W2NVW607OEVF5REZ$0VUYZY.jpg
過疎地万歳、ド田舎山梨県にも詩の活動グループはいくつかある。
山梨県詩人会
甲府詩人会
詩の交流会「あゆか」
詩笛の会
都留詩友会
月江詩人会
など。
今回は、その中のひとつ詩の交流会「あゆか」の朗読会を取り上げてみよう。
詩の交流会あゆかは、甲府詩人会の派生のひとつで山梨日日新聞の詩の投稿欄に作品を応募していた人たちが立ち上げた活動団体だ。私は2009年の詩のボクシング都留大会にて出場者の一人から紹介された。
普段は2ヶ月に1回定期的な例会を開き詩作の合評などを中心に活動を行っている。
来る4月3日、年に一度行われる詩の朗読会の開催が決定した。
第2部の方で、メンバー以外の飛び入り枠を設けるとのことだが枠数が少ないため早めに問い合わせをして欲しい。
スポンサーサイト

ねえ、知ってる?山梨でも詩の朗読ができるらしいYO!!
実はさ・・・・。ド田舎の山梨でも詩の朗読会開いている人たちが居るんだよね。

月江詩人会(げっこうしじんかい)といって、富士吉田とか河口湖方面を拠点にしている人たちなんだけど。

年2回不定期の開催にはなるんだけれど、来月4月に開催するらしいよ。

【詩の朗読会】

4/23(土)午後八時より

富士吉田市下吉田3-10-16 B1F

西裏/月江劇場にて

入場料五百円(飲食持ち込み可)

参加希望者は、4月15日までに参加者名と演目を明記の上連絡。

椅子・マイクが必要な場合はご用意します。

当日早めに着ていただき、照明の打ち合わせを行うとの事。

連絡先アドレス・roudokukai@excite.co.jp




都内へのお土産は、桔梗屋の各種銘菓をどうぞ。
M_T[5XR{DU1OQ8{K77R{1J7
http://www.kikyouya.co.jp
Copyright © リンゴredハート~言葉には真撃であるために~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。